忍者ブログ

3日坊主で終わるかもしれない、ネトゲ記録をここに綴る

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





こんばんは、夜王子です。




書くことは特にないわけですが、




あかりに紹介してもらった「ブログ通信簿」http://clickonline.blog.shinobi.jp/




なるものを行うために、急遽更新することに。




untitled.JPG























つい最近更新したばかりなのに



「ぇ、更新してたの? ごめん、全然更新されてなかったから見逃しちゃったわ」



とでも言うかのようなコメント。




こんなこと言われたら更新せざるを得ないでしょう。




コノヤロウ、絶対通信簿書かせてやるからな!!!




PR


こんにちは、夜です。



もうめっきり夏ですねぇ・・・



ジリジリと差す太陽の日差しも、



鳴り止まないセミの鳴き声も、



青々した涼しげな木々も、



真っ青な空に高ーーい雲も、
















クーラーでガンガンに冷えた室内も。





私はもちろん、一番下のが一番好きです。



文明の力ってヤツですかねぇ。



ガンダムっぽく言うなら、



080803-04.jpg


<「文明の力は化け物かっ!?」






てな具合に。いやでも、まじで文明の力は化け物です。




でも、他のも好きですよ?




・・・ちなみに上のヤツは拾い物ですが、決してシャアさんではありません。




カブトに騙されてお間違えないように!!







はい、久々の更新です。



おはようございます、夜です。






さて、前回では椅子の購入をしたわけですが、




結局これになってます。





RZE-A104BK.jpg





















ちょうど1万円の価格ナリ。





ただ、やはり今にして思えば





「やっぱ高いやつ買っておけばよかったかなぁ」




と・・・・




思わずには・・・・いられません・・・















例のステキチェアよりは格段に素晴しいですがね。











                ~前回までのあらすじ~




時は紀元前-。500年の大戦争時代にあるクルト大陸極東の国、ランドスター。

ランドスター国王子である夜王子は父である国王陛下の座る椅子に疑問を持っていた。


080430-03.jpg







このままでは陛下がエコノミークラス症候群で倒れるのは時間の問題であった。

そんなおり、国内に「伝説の椅子」についての噂が流れる。

その椅子に座った者は、大陸の覇者となれるうえ、座り心地もバツグンで、

エコノミークラス症候群にも絶対にならないという噂である。





我が父の健康と、大陸統一のため、王子は伝説の椅子探しに旅立つことを決意したのであった。











(この物語はフィクションです。実際の人物とは多少異なります。)











こんばんは、夜です。




あっという間に4月ももう終わりですね。




世間一般ではゴールデンウィークなるイベントが始まっているかと思う今日この頃ですが、




みなさま、いかがお過ごしでしょうか。




やはり大型連休ともなれば外へ遊びに行くのが楽しいですよね。




買い物、旅行、温泉、遊園地、アウトドア等々・・・




普段なかなか時間が取れないようなこともいけちゃいます。




ほら、考えただけでもウキウキしてきませんか?

















私は引き篭っていますが。










08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
HN:
夜王子(夜神父)
性別:
男性
職業:
クレリック
自己紹介:
何度目かのブログ。
「The Tower of AION」の活動攻略記録。
そのとき歴史は動く。

「さぁ、懺悔の時間です・・・」
[01/18 MichalKnob]
[01/17 Viktorianperi]
[04/11 レベル上げのお手伝いいたします。]
[06/25 夜]
[06/23 うっきー1号]
<<前のページ  | HOME |  次のページ>>
Copyright ©  -- ★夜日記★ -夜王子と月の姫 編- --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Melonenmann / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ